司法書士と行政書士それぞれの専門家|同じ法律ジャンルの職業

ウーマン

正しく職務内容を理解

木槌

埼玉には法律を生業にしている専門家が多くいます。弁護士や税理士はなんとなくその仕事内容をイメージできるという人は多いでしょう。ですが司法書士と行政書士の違いを把握できている人は意外にも少ないのではないでしょうか。こちらのページでは司法書士と行政書士の違いを誰でもわかるように簡単に説明していきます。基本的な知識としてチェックしておきましょう。

まず基本的に埼玉の司法書士、行政書士は書類作成が主な仕事になります。ですがこの作成した書類の提出先が違ってくるのが特徴です。まず埼玉の司法書士は不動産登記や、商業登記、簡単な裁判訴訟に関連する書類を作成します。そのため裁判所や法務局などが主な提出先となるのです。ここでいう登記というのは、不動産や会社を起業したさいに役所などに登録することを意味しています。他にも司法書士は、個人や団体、企業の財産管理、債務整理などの書類代筆作業も行なってくれます。

一方で行政書士は読んで字のごとく、国の機関や各地域の地方自治体が主な提出先となる資料を作成します。仕事の内容としては、会社を起業する際の手続きや、建築物を建てる際の各機関への許可申請書類の作成、著作権登記、外国人の在留許可申請や入管管理などです。最近では、国内でもグローバル化が進んでいるため、行政書士の役割は以前よりも大きなものになりつつあります。このように、司法書士と行政書士は、同じ法律ジャンルの職業ではあるものの、その職務内容には違いがあります。これらを理解して上で、適切な専門家に依頼しましょう。

平等な立場で交渉

事故現場

大阪には交通事故に関係するトラブルをスムーズに解決してくれる弁護士がいます。自分にとって不利な状況を生み出さないためにも、専門知識の豊富な弁護士に依頼しましょう。

詳しくはこちら

ジャンルを見極めて依頼

スーツの女の人

税理士は相続税申告を専門にしているタイプと、そうでないタイプに分けることが出来ます。そのため遺産相続に関係する業務を依頼するのであれば、専門家を見極めましょう。

詳しくはこちら

時効の援用の利用

オフィス

借金をなくす方法の1つに、消滅時効があります。消滅時効は時効の援用と同時に行なう必要があるのです。また状況によっては時効のカウントが止まったり、振出しに戻ったりすることもあり得ます。

詳しくはこちら